この方法を使って、ダイエットできる

本物のダイエット方法

ダイエットの本質は、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることです。摂取カロリーは食事で摂るエネルギー、消費カロリーは体が使うエネルギーです。カロリーをコントロールし、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作るのが、本物のダイエット方法です。

効果的に痩せる方法

摂取カロリーを抑えるには食事の管理、消費カロリーを高めるには体を動かすことが必要です。体を動かす以外、消費カロリーはほとんど上がらないので、消費カロリーを高める方法は運動の一択です。そして、効果的なのは、食事を管理して摂取カロリーを抑えることです。運動をするよりも、食事を管理する方がはるかに効率的だからです。

運動のダイエット効果

体脂肪は1kgで7,000~7,500kcalのカロリーを持ちます。体脂肪を1kg落とすには、摂取カロリー<消費カロリーを7,000~7,500kcal作り、体脂肪をエネルギーとして使う必要があります。そして、運動でこれだけのカロリーを消費するには、途方もない努力が必要になってしまいます。体重50kgの人が体脂肪を1kg落とすだけでも、ランニングで150km・ウォーキングだと300kmも必要です。

運動しなくても体脂肪は減る

「痩せるには、運動で体脂肪を燃焼する必要がある」と言われることがあります。でも、運動をしなくても食事を管理すれば体脂肪は減っていきます。それは、日常の活動で体脂肪を使っているからです。立つ・歩く・心肺の活動・体温を作るといった活動で、体脂肪をエネルギーとして使っています。

食事の管理で痩せる方法

効果的に痩せるには、食事のカロリーを抑えることが効果的です。食事のカロリーを抑えるポイントは、食事をガマンするのではなく、低カロリーの食品を選ぶことです。普段の食事でカロリーが高くなっているポイントを把握し、低カロリーの食品・料理に変えることで、食事を楽しみながら痩せられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です