地獄のダイエット生活

が一人死んだら、冥府の道中、暗闇に座輝く宮殿が彼の前で.宮殿の主人の招待を殘して彼に住む.

この人は言います:“私は人の世は苦労して忙しくて、一生私は今食べたいだけ、寝るだけ、ほかに何もしたくない.」

宫主は笑って言います:“そうすれば、私はここでは最も適するあなたの住むところ.私がここにある山海の珍味、食べたいものを食べるといい、私ここに快適なベッド、眠りたいだけ眠り、しかも私は保証がないことをあなたを必要として .」

そこでこの人は彼らは宮殿.から1段で、この人はお腹いっぱい寝て、よく眠って、食べて、楽しかった.しかし、このような日々を送っていたが、彼は寂しいと空虚で、そこで彼は会いに行く宫主、文句はこんな毎日食べたり日々の意味がない.私は今腸肥腹がいっぱいで、退屈な日々そのつらいです、どうか私のために1部の仕事を探して?

宫主は答えます:“申し訳ないで、私はあなたの要求を満たすことができないので、私達のここは根本的に仕事がない.」

はしばらくの時間を過ぎて、この人は本当に我慢できませんでした、また会いに行く宫主:“私は我慢できないという.もしあなたは私の仕事に、私はむしろ地獄、たくもないここに住んでいる.」

宫主依然として笑笑:あなたとここは天国かそもそもここは地獄だ!と

【】:大理

人生の意義は、のは労働を通して体現する.濡れ手で粟の生活は私たちに本当のに楽しくて、楽しみは払って収穫.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です