思愁中川パラダイス空ダイエット吟

憶往昔、宮野真守ですか?いたるところ憂え悲しみの真情にしっとり、涙は私の記憶.蝶のような誓いを舞い、柳絮優柔の考えているチャラけしかける.花は落ちて、太陽が下火になってしまった温かみ;粘愁の雨、水のように別れた瞳の優しさ.

落ち字けがを私に暗然と独言.

誰の寂しさ、透私の心身のひたむきな愛情 ;誰が、私の心を動かして?

立ち上る煙

と琴の音、もう千年虚化.

簾巻西風、中川パラダイス、人よりキクはやせていて、誰が婉曲な歌声.日光の三畳、歌っても千愁、歌えない人だけは.

戯台にひらひらと袖の舞、戯台の下、ほご.自然は人をいじって、解開、結;解けない、未来永劫、繁華見て歩き、回転尽くし离歌躍.

にならない人生の縞に折って少なく離れて若死情.殘念ながら、深い庭、どんなに寂しく桐、無事秋風悲画扇;のような難しいと笑ってばかり、紅塵、別れの悲しみと恨み.

p> <聞いくんがどれだけ心配して、見て桃の生香は、目鼻立ち眉が灼眼哀愁だけ闻得芳蓋を乗り回し、本は尽きない相思を指柔.愁、あたかも1大きな川の春水東に流れて……

玉砌雕栏和らいだ、十裏、酔って年月はいくらですか絃が切れるよう誰人?光と影の陸離がない海の上昇の名月の犀.乱れた絃を保っている哀婉最後別れの姿、そして千年の時差に待ちこがれること.落花人独立、マイクロ语燕効果.ぼんやりとは久は精緻なのに、濡れた青裳.ただ、六朝のニュースに流れ……

朱弦折れて、鏡に欠け、露私芳に休んで、白頭吟、傷別離.影が一つ寂しいと言い、花は寂しさをおいて、寂しさ、夕陽に舞うよな泣蝶;寂しい生花、刺繍になった衣裳にだらけの涙.閣涙倚花愁ない語、香漂う知り尽くし何処?

に夢中になって深くいくらか、奥山夕日影深い秋雨;明月は照西廂、まるであなたぐらい.日夜を望み、ついに見えない卿付き合って、水のような瞳を見つめ、誰?琵琶響く、これ.深い宫重锁寂しさだけを殘して、今の副虹の裳裾.

明月が顔をあわせて、私は一人の心の傷.

p>涙滴<に掛かって、私のやつれた顔まで、いつの日か――

君の肩に落ちて.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です