私は1人のダイエット良い息子

p>と<のせいかもしれないし、それぞれの子供にも犯.子供のせいで、両親がいくら隠忍?

親戚の心の中で、私は両親のいい子.彼らにしてみれば、私は生まれてからはたいてい、とても物事をわきまえていて、親孝行は思いやりがある.

私を否定しないが、二十数年、私はずっと利口で、ダイエット、一般の人の目から見れば、確かに私は両親のいい子.

6歳から小学校で、先生の授業が時間通りに質と量に完成し、ほとんど毎回父兄会をつける、先生も褒めてくれるのを見て、他の親の羨望の眼差し、私の両親の心の中にきっととても楽しい.15歳のテストに合格し、順調に県に.学校に行く予定日、父親が開いているトラクター、鳴り物入りで私を送る県.私は18歳の大学入試に参加して、1年は5点の差で落ちて、1年後にやっと大学に合格の高校のため、親は村人たちに置いた2本の映画.大学を卒業してから仕事を探して、私は両親に走ってない関係(親なんて関係ない)もない親の贈り物(両親はまったく知らない誰かに贈り物をする)で、大学での堅固な基礎訓练、私は幸運なことに、雑誌社に自分の好きな仕事を見つけた.仕事の2年間に、新年や節句の私は両親に買ってさまざまな服や保健品、毎週の土曜日、私は両親に電話をかけて、私は彼らに教えて仕事は努力して、彼らを心配しないでください.毎月給料後私のまず思い付いたのは両親に何か買って少し……

しかし、よくよく考えてみると、私は本当にいい子ではないので、その私の二十年以上の人生の過程の中で、私は両親の操すぎて心がかかりすぎの心血.

小学生のとき、私が時間通りに作業を終え、は、母親が毎日私の宿題を怠けて、時々私は、母が手を私の趣味.母はもともとは小学校の教師のため、私を配慮して、彼女は仕事を辞任した主婦.私は合格できる県では、父は毎日朝5時半に起こしてくれて、週末は私に付き添って家で朗読.私は最も忘れられないのは、私の初めての大学入試で、5分の差、私と理想の大学を逃し.その後の3日間、私は自分自身をフィードバックは部屋に飲まず食わず、任親外でしきりに哀願する、私はずっとないドアを開けて.大学を卒業後、父の仕事を探して走って関係が知った贈り物、愁白両鬢.私は仕事をしてから、母は私の結婚に嫌になって、父は私に関心を持つことに家を買う時、町の問題.私に住んでいるために早く自分の家に、父農閑期また出かけてアルバイトをして……

ふとストーリー:独房に関数人に犯.ある日、みんなめくっている雑誌雑談、うち1人を指して雑誌で犯人のジュエリー画像」と、母がこれらのアクセサリーを身につけて、きっと喜ぶ
.犯人を指して言う:“もし私の家屋の母>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です