老年人養生のダイエット4つの養生の原則は老人を長生きさせる

漢方医は、立春後人体内の陽の息から升発、春の陽の息の上昇を利用して、人体の新陳代謝を借りて、旺盛の機を採用し、科学の養生方法で,通年のフィットネスの病気の予防にも非常に有利.専門家はこれから中高年春養生4ないという原則を総括して.

すっぱい酸P

春飲食する省酸甘を増加が、春はもともと肝臓の陽の上で亢、もし酸性食品を食べて、かんしゃくしやすく、旺盛で,肝旺傷つけやすいので、好み、春季飲食忌酸.

酸性食品は羊肉、犬、ウズラを炒めて、落花生を炒めて、メロンの種、魚、エビ、カニなど .宜食用甘温脾臓の品を食べることができ、山芋、春のタケノコ、ほうれん草、ナツメ、ニラなど.山芋と各さんじゅうも使う鳩麦グラム、アワ75グラム、蓮子25グラム、ナツメじゅう枚共おかゆ、少量の砂糖を主食に長期の食用.

怒怒P

春季肝臓の陽の亢盛の時、情緒の易に焦って、やり遂げておっとり、心身の調和がとれている.

気持ちいい役立つ养肝気持ちを招くので、うつかんしゃく郁滞、肝臓の機能に影響疏泄も、神経内分泌係の機能は乱れて、免疫力が低下して,ダイエット、精神病を誘発しやすくて、肝臓の病気は、心の脳血管疾患など.

“せん妄”は“せん妄”

はしない

老人本来の陽の息が相対的に不足して、春は飼って陽の好機、例えば情欲妄動で性交が週波数、消耗ガス傷精、さらなる損傷の陽の息のため、高齢者の春は適切な制欲.

静は静には静は静とは春の自然界の陽の陽の息が始めて、人体はこの自然の特徴を借りるべきで、重点的に陽を養って、陽の肝要な“動”になって、静は禁物です」.

は、春の空気には、酸素が多く、脳皮質の作効率と心肺機能を強め、動脈硬化を防ぐことができる.しかし老人は春の練習はあまりにも早い、朝気温が低いため、霧が風邪を引いて風邪やぜんそく、慢性気管支炎を患って、太陽が昇った後に外出することを防止する.また、春練習できない空腹で、高齢者の朝の血流が比較的緩慢で、体温が低く、運動前は熱いスープを飲む.同時に運動はゆったりして、老年人は朝起きて後に筋肉が緩む、関節靭帯はこわばって、鍛錬する前に先になめらかに活動する体の関節、して、急激に鍛えて誘発することを防止します.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です