15歳のダイエット昭和新山冬

私は歳の

を身につけたナイフ.私:誰かまたあえて私の指の動きを、私は白に赤ナイフナイフ、出!
堅いどどナイフに私の腰、それによって私の私の腰つき挺がまっすぐで、私を睥睨して冷ややかに私の前にすべての人を使って、私は彼らに言う:命知らずの、さあ!
の下では、雪がひらひらと舞い落ちる、地面を敷いて非常に厚い.私は雪の中に立って、立つ.中間で、私を引きずったクラスの足を引っ張る.担任は罰私の駅までは、私に向けて顔を二平手.私は1口の血を吐く進雪の中、真紅の少し似輝いて梅の花、私は担任にたり動かてくれてみては?そこでまた私を殴った担任2平手.彼が振り向いたとき、私はナイフを取り出した.
担任首をひねって消えた.そして私は教室に入っての中で、私は散々に1人の学友を見て、彼らはすべて私の目を迎えます勇気がなくて、彼らも大気ない口.私は言います:あなた達は私をいじめますか?さあ.
が速く、窓ガラス越しに遠くに呼んで.校長が言ってください.私服のナイフを隔てを腰を蹴って、そして教室のドアに行きました.
校長先生の事務室が暖かい.ストーブがあかあかと燃えている.私はテーブルの上の機を狙って、と思って着手するまでに、電話線を断ち切る.校長が墨をちょっと.彼が何をしたいか分からないで、私の手は寒がり、置いて腰.
聞いていて、あなたの手は毛筆で字を書く校長がゆっくりとゆっくりと墨.
私は答えて、私は彼が何をしたいのか.私はみるみる校長、耳の外.窓のない人は想像の中でぼろぼろ落ちる音.私が考えている雪に中の血を吐くようで、明るい梅.
なぜナイフを持ってますか?校長質問.よく私を殴って、学友達も私に、私は先生のところにも訴えて彼は、私のようなは殴る.僕は言って流した .
さあ、あなたを憎む人、紙に書いて.校長の夏一本小イタチの毛で作った筆、私を見てい.
私は動かないで、私は分からないでどんな薬売りの校長.私は彼が1頭ごま塩の髪の毛、歳の体に彼を取る論点.炉に石炭の塊どんが鳴ってたから、びっくりした.
校長笑った.私は、私があなたを恐れてはいけないの?書くから!
僕はひとつひとつの紙に書いて飛ぶようにすべて私が痛恨の人.私は彼らを殺したまま!
校長はずっと与党私の字はうなずいて言う:“よし字!」また私を見て放課後.あなたは、私の家に行って.
本の梅が壁の隅で痩せに咲いて、一挺香.私を吸う鼻、驚いて行く私の書いた敵の名前を見て、彼らはすべての貼り付け際立た薪に.校長から利斧を、切りましょう!庭の中に私だけ、空一面の雪の中で、私嘶喊、私を満腔の恨みはさっと一斧斧を続けて、私の顔は汗を、泣きぬれ……
>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です